宇宙戦艦ヤマト2199第16話「未来への選択」

宇宙戦艦ヤマト2199もガミラス艦隊との艦隊戦による損傷など、いよいよ後半の佳境に向けて、過酷なたびの演出が増えてきましたが、その中でも気になっていたヤマト乗組員の言動による伏線のエピソードがついに動き出しました。

ヤマトは、ガミラスのドメル艦隊との戦いで損傷した部分の修復と水などの補給のために、地球型の惑星ビーメラ4に立ち寄る中で動き出したヤマト内部のイズモ計画の影。

続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199第14話「魔女はささやく」

宇宙戦艦ヤマト2199もラストまでの折り返し地点になり、後半スタートとなる14話は、敵の精神体がヤマト乗組員を精神的にコントロールしてヤマトを捕獲しようとするオリジナルエピソードに古代進の過去エピソードを絡ませた展開でした。

旧作では、ドラマ仕立てで延々と見せていた古代進の過去エピソードですが、敵の精神攻撃で断続的に過去の情景を描くことで、古代進の家族に何が起こったかを語り、旧作とは違った切り口で語られていました。

続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199第13話「異次元の狼」

宇宙戦艦ヤマト2199は、旧作のシリーズを全体的にとらえて、旧作のシリーズ全部をリニューアルさせる勢いで必要に応じた前倒しエピソードが盛り込まれますが、今回の話は、宇宙戦艦ヤマトⅢでシリーズ中でも最強と言われる強敵が先行して登場するという話。

そうです。旧作の宇宙戦艦ヤマトⅢで、異次元からヤマトを追い詰め、第1艦橋に被弾して、古代を負傷させ、指揮官不在のヤマトを巨大要塞に追い込んで捕らえるという偉業を達成したあのフラーケンが、ガルマンガミラスではなく、生粋のガミラス人として、宇宙戦艦ヤマト2199に登場したのです。

続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199第7話「太陽圏に別れを告げて」

いよいよ、ヤマトの話も太陽圏離脱という序盤のエピソードを消化し、戦闘のない人間関係中心のエピソードとして、旧作よりもパワーアップした艦内お祭り騒ぎと地球に残る人たちとの別れの描写が中心の7話でした。

沖田艦長は旧作同様に居場所を無くして艦内をうろうろしてしまうシーンは健在ですが、古代はかなり描写が違いますね~

続きを読む