ディズニーが作るスターウォーズ

ちょっと前にディズニーがルーカスフィルムを高額買収したと報じていたけど、先々の事は、ルーカスフィルムのSFX技術にせよ、当面はスターウォーズの新作に関する問題だと思います。

実は、1977年に第1作目のEpisode4新たなる希望が公開された時、スターウォーズは、全9作のお話となり、3作ごとに世代を区切って描くという構想をルーカスが語っていたと思います。

実際は、初期3部作製作時点のSFX技術が世界観を表現するのに限界だった事などを理由にSFXの技術がスターウォーズの製作出来る環境になったEpisode1からの3部作まで18年ぐらい過ぎてしまい、当初の構想を実現させる時間が無いと言う事でルーカスが、Episode6までで打ち止めとしたいきさつがあります。

そこへ来て、今回のディズニー買収によるEpisode7の2015年公開予定という具体的な話が浮上して、スターウォーズファンとしては、動向を見守りたいと思っています。

かつてのルーカス構想が活かされてのEpisode7であれば、ルーク達がかつてのオビワン・ケノービのポジションで登場する事も考えられますよね。

ここで注目したいのが、Episode4~6で活躍した、主役3人の俳優が、当時と同じ役で登場してもおかしくないというのがあります。いや、ぜひそうして欲しいです!

ただ、エイリアンの中にディズニーからゲストキャラを出して欲しくないので、その辺は考慮して欲しいですね。

すでにEpisode8とEpisode9もスタンバイしているという噂もありますし、全9部作に及ぶスターウォーズサーガをたのしみにして待ちたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)