スランプで記事が書けず

上手く言えないのですが、ネット×PC=WEB交差点の移植作業が終わり、達成感を味わった後に、夜勤の時間が変わって、最近どうもスランプで記事が書けず、更新頻度が落ちてしまっているのですよね。

自分が、頑張って行きたい方向性と、現実のベクトルが全く違う方向を向いて、モチベーションの低下に繋がっているというのは、自覚しているだけに現実逃避しているのも理解しているのですよね。

続きを読む

Word Pressのエラー対応

11月の出だしから、ちょっと最悪なスタートになってしまったネット×PC=WEB交差点ですが、ようやく投稿出来るようになったので、Word Pressのエラー対応について、覚書として他の方にも役立てるように書いておきます。

Word Pressのエラー対応と言うか、Blogの更新をしようとして、ブックマークを開いたところ、通常のトップページでは無く、深刻な重大エラーの記述されたページになっていました。

続きを読む

環境を変えたことで

少し前の話になるのですが、夜勤明けの日にはウォーキングを行い、公園の休憩スペースでノートパソコンを起動するという、ルーティンをこなしていたのですが、環境を変えたことでパソコンに向き合ったとき、仕事モード時の集中力が向上しました。

現在では、ウォーキングを終えた後は、帰宅してから、自宅のパソコンで作業するように変更したのですが、気分転換が必要になったら、また青空オフィスを復活させても良いかも知れませんね。

続きを読む

再び、過去記事の掲載優先にシフト

最近は、当日の記事更新もちょいちょいやるように意識して、記事の更新が滞らないようにしていたのですが、再び、過去記事の掲載優先にシフトして、舵を取り直すことになりました。

残り2年分なのですが、中々どうして思うように、古い記事を新しい所に移行出来ずにほかの事に気を取られているのが現状です。

続きを読む

新しいSNSへの共有アイコンを設置しました。

過去記事の編集で、TwitterとFacebookへのボタン設置に関する所をやっていたら、以前から、何とかしたいと思っていた部分もついでにやることにして、新しいSNSへの共有アイコンを設置しました。

ホームページビルダーのplug-inは、正直最初の設定で使っただけで、進化するWord Pressに全然ついて行ってない状況ですね。外注しているSEO部分も不具合しかないですし、なんか無理して作ったのに中途半端に放置してる感じですね。

続きを読む

のんびりそして堅実に作業は進めまています。

もう少しで、2012年の記事が、終わるかなと言うところまで、なんとか再構築を行って、のんびりそして堅実に作業は進めまています。今月いっぱいに残り1年分の記事までには詰めていきたいですけどね。

最近、リアルタイムの記事が更新の経過報告みたいになってしまっていますが、後で読み返す事があれば、この時期に集中的に更新してたのだなと思い返すこともあるでしょう。

続きを読む

Blogの再構築に思う事

お盆という時期に亡くなった方を思い出す人も多い時期だと思うのですが、私自身も常日頃、日記を書いているわけではないのですけれど、ちまちまとやっている過去Blogの再構築に思う事もチラホラとあったりするのですよね。

自分の母親代わりに成人まで面倒を見てくれていた祖母が亡くなってから、来年でもう10年になるのですが、めまぐるしく変わっていく社会情勢や周囲の環境に、ふと記憶を遡っても何時だったかとっさに思い出せなくなることがあったりしました。

続きを読む

レンタルサーバーを個人で使う

企業のビジネス運用のためにホームページを持つ企業も多いですが、実際にホームページ製作に携わっていないとホームページの構築する為のレンタルサーバーの存在などわからないと思います。ましてレンタルサーバーを個人で使う事はお金を稼ぐつもりがないと無縁でしょう。




続きを読む

漠然とした現状回避の構想

新しいことを考えながら、なにか明確なものがイメージできずにいたのですが、ようやく漠然とした現状回避の構想が、頭の片隅に浮かんだので、覚書のつもりでいつも書いています。

既存のものにしがみつくのではなく、新しいことを、ひとまず1ページに情報を詰め込む形で、展開してみたいと思います。

続きを読む

SEOを意識しないで、Blogを書いてきたのですが

先日のアフィリエイト状況を書いた記事を書くまで、ずっとSEOを意識しないで、Blogを書いてきたのですが、5月に入ってからの急激なクリックダウンを受け、少しSEOを意識した書き方を、やっていかないと収入的にも厳しい状況になってきました。

過去にアフィリエイトでそれなりに収益があったのは、SEOもさることながら、楽天アフィリエイトが今ほどハードルが高くなかったからです。

続きを読む