早速EOS Digital Kiss Nを使ってみた

すごいカメラを買ってしまいました。そう実感できるデジタルカメラです。デジカメという呼び方はこのカメラにとって失礼かも知れません。デジタル一眼レフと言う表現で紹介すべき商品ですね。

まず、試し撮りで家族の写真と、ライターの写真など撮ってみましたが、撮った被写体の質感表現がずば抜けています。これは、EOS Digital Kiss Nにつけたレンズの効果も大きいと思います。普通のコンパクトタイプのデジタルカメラでは、本来重要なレンズが、小型軽量化の犠牲になっているため、同じ解像度の画像でもEOS Digital Kiss Nに劣ってしまうのですね。

以前、ビデオカメラでも経験しましたが、CCD撮像端子へ情報を送り込むレンズの口径が大きいほど情報量が多くなるので、同じ画素数でもより多くの情報から高繊細な画像になるのです。

そして、一眼レフならではの充実したアクセサリーの装備。一緒に縦型クリップやバッテリーなどを購入しましたが、この縦型クリップの効果で高級感を出しているのです。

2021年4月22日追記:スマートフォンの普及によりコンパクトタイプのデジタルカメラはほぼシェアを無くしてしまいましたが、デジタル一眼レフは、銀塩フィルム時代から続くマウント式の交換レンズなどシステム的に発展し、ミラーレスカメラの登場など進化を続けています。スマートフォンとは違ったカメラの魅力を体現する入門機として、CanonのEOS DIGITAL KISSシリーズは進化し続けているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)