ホームページビルダーV17発売日に到着

昨年、ホームページビルダーV16をビジネスパックという形で購入したのに、WordPress対応に心を動かされ、V17にバージョンアップしてしまいました。

ジャストシステム製品をこよなく愛し、たくさんのライセンス番号を保有する私は、もちろんメーカー直販で、優待価格による購入をしました。

インストールするとすでにジャストシステムのホームページには、修正用プログラムが、アップされていて立ち上げた直後の画面で通知されて、すぐにインストールし、最新状態にしています。

で、肝心のwordpressですが、初めて立ち上げた時に、表示されるスタートメニューは、wordpressを初めて使う人への導入がメインになってる感じです。

wordpress対応の初期メニュー

上のメニュー項目にも「サイト」の横に「Word Press」というメニューが追加されて、通常のホームページビルダーでのWEBサイト管理とは、完全に切り離しての管理になります。
※画像の左上部分

Word Press用のテンプレートは、私が購入したバージョンアップ版書籍セットは、25種類ですが、よく見るとテンプレート一覧の中にショッピングカートマークのついたモノがありました。

Word Pressのデザイン選択画面

上位製品のバリューパックやビジネスパックでしか使用出来ない、テンプレートが別売りでテンプレートごとにでの購入が出来るので、通常のホームページビルダーにテンプレートが少なくても必要なモノだけ追加購入出来るののが良いですね。

Word Press用のテンプレートに関しては、バリューパックやビジネスパックを買わなくても必要なモノだけ個別購入で考えても良いですが、ホームページビルダーを初めて購入し、なおかつビジネス利用なら、最上位のホームページビルダービジネスプレミアムが良いです。私は、旧バージョンでビジネスパックを購入しましたが、大容量の素材とフラッシュ作成ツールなどで、ホームページの製作環境も充実してますね。

古いホームページビルダーしか使ったことのない方は、CSS関係が大幅に強化されていますし、テンプレートも初期のホームページビルダーのように実用性のないモノではなく、そのまま社名を入れるだけで十分通用しそうなデザインになってるので、思い切って新しく買ってみるのも良いかと思います。

個人的にはSNS系のボタンが簡単に設置出来る機能がお勧めですね。今風のホームページを作る為のツールが揃ってますから、SEO対策の出来ないWEB製作会社は、仕事を奪われるぐらいのレベルに仕上がってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)