三越4店舗閉店に思う事

今日のニュースで、三越が採算の合わない4店舗を、閉店するという記事が目に止まりました。三越と言えば、わが地元、福岡県にも福岡市都心部天神に、三越デパートが誕生して数年が経ちます。福岡では、最近進出した全国区のデパートというイメージが強かったのですが…

思えば、その昔、私の親たちの世代は、ギフト品と言えば、大丸や岩田屋と言った地元デパートの包みを意識していたように思います。しかし、デパートブランドの価値が根付いていたのは、すでに過去の産物でしかないのかもしれません。

ネットショッピングの発達で、商品流通形態が、10年前とは、かけ離れたものになりつつあります。都心部に大きく存在感のあるデパートは、パソコンの画面に展開されるネットショップによって、凌駕されているのかもしれません。

不採算店や老朽化した鹿児島店の閉鎖ですが、三越って、鹿児島は古くから出店していたのですね。福岡では、後発のデパートなので、九州での出店が他にあるとは思っていませんでした。

閉店する店舗の中には、ここ2年ぐらいで出店した店舗もあるようで、三越本体の経営基盤すらちょっと心配になってしまいますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)