今更ながらWindows2000が使いやすい

NECから発売されていたWindowsXP用のパソコンPC-VL3003を譲り受けたのですが、最悪なことにリカバリー領域が破損していて、復元が出来ない状態でした。

手持ちのメモリーを増設し、Windows2000をインストールすることにしたのですが、無駄なアプリケーションが入っていないせいか非常に軽く、旧型のパソコンとは思えないほど快適に動いています。

WindowsVISTAに至っては、ハードのスペックが高くないと思うように動かず、XPからのアップデートをするぐらいなら、新しいBTOパソコンを購入した方が、経済的にスペックアップする事を考えると、高い負荷を持つWindowsのOSにストレスを感じてしまいます。やはり、Windowsは、2000ぐらいのシンプルな作りで、軽快な動きをする方が、ウイルスバスター クラウドカスペルスキー セキュリティのような高負荷のアプリケーションを常駐させるのにも良いと思ってしまいます。

次世代のWindowsは、軽くなると言う話ですが、VISTAをベースに開発するという段階で、不可能な気がしてなりません。

セキュリティ問題の欠陥がない限り、Windows2000のような、出来の良いOSが、必要だと思います。特に画像処理や、映像処理を行うのであれば、軽いOSと高性能ハードの組み合わせは必須条件です。ビデオ編集もパソコンで行う時代ですから、使いやすいWindows2000は、まだまだうちで、現役のOSになりそうです。

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)