ラミネーターが壊れた

久々に、ラミネーターを取り出して、仕事で作成した資料をラミネートしようとしたのだけど、最初の数枚は、順調にラミネート加工できていました。ところが、連続加工を行っていると最後に出てきたやつが、未圧着状態で、中途半端なできばえになっているのに気づきました。

どうやら、機械を加熱するヒーター部分の故障のようで、電源は入って、ローラーは動いているのに熱くならないが故に、使い物にならなくなってしまいました。

うちみたいな使い方だと、数ヶ月に一度くらいしか動かさないのですよね。今の電化製品というのは、昔のようにヒューズが入っているわけではないので、結局、買い直す羽目になりそうです。

念のために、製造元を確認すると、中国製の文字が…

やはり、中国製は壊れやすいんですね。今度から製造国を確認して買わないといけないですが、この手のラミネーターで、安い製品は、ほとんどが中国製なんでしょうね。きっと…

2021年8月2日追記:構造的に安価で作れるアイテムというのはもう日本で作ってもコストが割高になって売れないのかも知れませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)