仮面ライダー50周年!

「変身!」幼稚園だった50年前、TVの前で夢中になっていた仮面ライダーが今日で放映開始から50周年になりました。私が最初に見たヒーローの姿でした。

あれから50年が過ぎ、今なお続く仮面ライダーシリーズは、私の中でも予想外の事で昭和のライダーが終わったとき、この日を想像出来ませんでした。

ただ、平成以降の仮面ライダーシリーズに関してはあまり思い入れがありません。仮面ライダー電王は、仮面ライダーの冠が無ければ面白いとは思いますし、他の作品も仮面ライダーの冠が邪魔して正統な評価をしていないだけで、ただのブレイド、ただの555なら面白いと思っていました。

ただ、今振り返って見てもやはり、仮面ライダーは1号と2号の共演によるダブルライダー編、1号と2号が改造し能力を継承した仮面ライダーV3が一番好きでした。

立花藤兵衛を演じていた小林昭二さんがお亡くなりになって、歴代ライダーが同じ時系列で共闘すると言うシーンも無くなり、いつの間にか仮面ライダーから離れてしまいましたが、裏で視聴率回復という大人の事情や何時までも同じスタイルでは、維持出来ずに改変されていったと言う部分は理解しててもやはり、主題歌の最後に流れる「仮面ライダーは改造人間である」というナレーションが私の中で仮面ライダーという作品を定義してしまっているので、ライダーを冠しないと売れないと言う大人の事情だけで、強化スーツ的な要素で作られる今の仮面ライダーシリーズに寂しさを覚えてしまうのです。

時代にあった設定は必要なのでしょうが、原点回帰出来る作品もこれからの仮面ライダーの中で作って欲しいですね。

最後に仮面ライダー50周年おめでとうございます。これからも正義のヒーローとして君臨して下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)