yomi-searchの改造

うちのこのサイトのメインは、yomi-searchを使ったアフィリエイトの商品紹介ページが中心だったのですが、アフィリエイトでyomi-searchを使っていくには、うちのサイト事情にあった仕様に変更していかないといけなかったのです。

最初に着手したのが、うちの基本デザインにテンプレートを組み込んだ基本テンプレートを作ってしまうことでした。

実は、これが形になるまで、かなりの時間を要したのですが、テーブル枠のセルの一つにテンプレート内のデータを全部取り込もうとしていたのですが、普通のHTMLタグの中身ではなく、CGIの呼び出し用なので、普通のタグの感覚で編集が出来ないのです。

そこで、まず第一に、中身の修正可能な部分を探すことから入りました。

最初は、ホームページビルダーで、編集を試みたのですが、CGIのプログラム部分が正常な表示を妨げていたので、これは、早々に断念しました。

ただ、テンプレートの内容によっては、ビルダーの編集でも大丈夫だったファイルもありますが、エラーになったときの保証がないので、やはり基本に則って、テキストエディターで編集していった方がいいと思います。

テキストエディターは、MKEditorを使っています。これでHTMLファイルを直接編集するのですが、タグとCGIの関連は、やはり実践で慣れていくしかないのかも知れません。

ファイル内の編集不可とされている部分と編集可能領域とを区別できるまでじっくりとタグのソース画面を観察してみました。そうするとある一定の規則パターンでタグの領域とCGIの領域が分かれているのに気づくと思います。

それを理解しながら編集可能な部分を考慮して、テーブル枠の中のセルを当てはめていくとうまくいったのです。その具体的な部分については、また続きで解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)