お店のホームページ2-基本を学ぶ-

ホームページの作成もホームページビルダーのようなソフトでの作成や、業者任せになって、少ない知識でもホームページを持つことが出来ます。ホームページを持っていても活用できない原因となっているのは、そういった事情が背景にあるのです。そもそもお店や会社のWEBページの事を、本来はサイトと言い、ホームページとは、トップに表示される1ページのみの呼び名でしかないと言う事も、知らない方が多いのです。

前回、お店のホームページは、収益を増やすための手段と言いましたが、そのためには、ホームページを来訪するユーザーの数が、1日に数百アクセス程度は稼げるサイトでなければ、お店の収益を増やすと言うことにはつながらないでしょう。

しかし、ホームページを運営する基本がわかっていないと、収益につながるような運営を出来るはずもなく、ただ持っていると言うだけで、ホームページを持っていないお店と何も変わらないと言う結果になっています。

ページ閲覧の基本

ホームページを見てもらうために、一番重要な要素は、見た目のデザインではありません。ホームページを訪れるユーザーが、初めての場合、その80%が検索エンジンでの検索結果で、ページを見つけているのです。

私は、福津市で、パソコン関係の仕事を行っています。地域の方を対象として仕事をしていますので、「福津市」と「パソコン」という2つのキーワードで検索したときに、うちのホームページが最初のページに出てくることで、パソコンのトラブルで困ったお客様から、仕事の依頼を受けることがあります。Googleの検索結果とMicrosoft Edgeの標準検索エンジンであるBingの検索結果

専門用語ではSEO対策と呼ばれているものですが、関連したキーワード(福津市のラーメン屋さんなら、「福津市」+「ラーメン」)で探せるようなページの作り方をしていかなければならないと言うことなのです。

基本がわからないと…

一番人気の高いホームページ作成ソフトで、初期設定のまま使うと、検索エンジンに拾ってもらえる基本情報が、かなり漏れてしまいます。何故なら検索エンジンが拾う情報は、ページを作るために最小限必要な情報ではなく、付加要素だからです。

ページを作るために必要な最小限の情報とページのデザインしか出来ないホームページ作成業者も結構多く、値段の割には、役に立たないページしか作れないという業者も存在しているぐらいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)