初めての顧客

ネットアルカディアの名前で個人で仕事を受けるようになって、初めての顧客がついて、すでに6年が過ぎました。最初は、息子さんがお客様だったのですが、転勤で朝倉市に引っ越しされて、自宅には、同居のお母様だけになってしまってます。

最初は、お母様の知人が、当時、パソコンの指導や設定で交流を考えてた人だったのですが、手に負えなくなってうちに仕事を回してくれたのがきっかけでした。

生半可な対応をしていたので、設定をやり変えるハメになり、なおかつ、パソコン機器の選択もちゃんとやっていなかったので、私が説明して適正な商品を紹介したところ、非常に喜ばれて、それ以来、今日に至るまで末永いおつきあいのお客様になりました。

転勤した息子さんから「なんかあったらネットアルカディアに言った方がよい」というお墨付きをお母様に話して頂いており、息子さん以上にお母様からも信頼を得ることが出来て、お友達を口コミで紹介して頂いています。

そのお母様から、パソコンの調子が悪いと言うことで、一昨日、数ヶ月ぶりに訪問させて頂きました。

その時点で、私はお盆以来、まともな休みもなく、ちょっとした難題のPC修理を抱えており、肉体的にも精神的にも、結構しんどい状況でした。

訪問する前の晩は、精神的なきつさが限界に近かったと思います。

それでも朝から、世間話をしながらお母様のパソコンを復旧させ、ついでにCDから音楽をパソコンに取り込む方法などを説明していると、
「私はネットアルカディアがなかったらパソコンなんてしてない」
「友達に紹介してあげるから名刺を何枚か置いていって」
等々ありがたい言葉を頂きました。

その言葉を聞いた時、精神的に参ってたのが嘘みたいにすっきりした気分になってたんですね。この仕事してて良かったと感じました。

どこかのトラブル体験記で「会社は理で動くが、お客様は情で動く」と言うのを聞いたことがありますが、お客様から情で動いて頂けるような、ネットアルカディアを心がけたいと思う1日でした。

この気持ちでしばらくは、へこたれずに頑張れると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)