Access2010で2冊目の参考書

Access2010を使い出して、早くも3ヶ月に突入しましたが、今ひとつ思い描いた構図に近づきません。きっと、クエリやマクロなどの機能を十分に理解していない自分がいるからだと思います。

最初に購入した参考書が今ひとつ突っ込んだ部分に弱かったので、クエリ関係に絞ってAccess2010の参考書を探してみました。

そこで見つけたのが、Accessクエリ逆引き大全520の極意―Access2010/2007対応と言う本です。

今回頼んだ本は、逆引きなので、自分がやろうとしていることに近い事例が出ていればと期待しての購入です。

苦手と言って取り組まなければ、いつまでも苦手のままでしかないんですよね。

苦手を克服することから、初めてみようと思っています。

2022年3月28日追記:Accessクエリ逆引き大全520の極意は、手持ちのAccess2010までしか対応してないVersionが最後になっており、Accessのソフトも当時のVersionと現在では、内容的にもあまり変わっていないようです。今でも現役の参考書と言う事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)