遂に来た!ダイの大冒険73話で涙腺崩壊してしまった

非常にやばいです!まさか初めてこのシーンを漫画の原作で読んでから数十年経って、涙するとは思いませんでしたよ。遂に来た!ダイの大冒険73話で涙腺崩壊してしまったと言うお話なのです。

このお話って、過去に週刊少年ジャンプ掲載号でも当時のジャンプコミックスでも、現在所有の電子書籍版でも数え切れない程読み返したシーンなのですよね。

ここまで書いておいて何なのですが、この記事は、ドラゴンクエスト ダイの大冒険2020年版アニメの73話に係わる重大なネタバレを含んでいます。まだ未見の方は、見てから読むことをお勧めします。

正直に言うと次に誰がどんなセリフを言うかまでも全部わかった上で、初めてアニメになる今回のエピソードを見ていたのですよ。なので、好きなシーンが遂にアニメになると言う程度の認識でしかありませんでした。

原作を見てないでアニメを追い続けている現在の方にとっては、衝撃のシーンとは思うのです。このシーンの直前まで、ダイ達勇者パーティであるアバンの使徒の心が折れずに、常に心の支えとなっていたアバンの存在ですが、今週と来週のエピソードが、ターニングポイントとなっていきます。

この展開、旧作では放送出来ずに終わった部分であったため、初のアニメ化ですが、往年の原作ファンにはベスト3に入るほどの名作シーンとして位置づけられるはずなので、私自身も火なり楽しみにしていたのですが、原作でもアバン登場から次の展開まで、マンガ家の休暇を考慮した合併号のタイミングだったので、年明けまで2週間のお預けという前例があったのです。

そして、今回は、まさかの日本企業を狙ったハッカー集団による攻撃による放送延期って、もうこのシーンがたたられているとしか思えませんorz

それでも正直、待った甲斐はあったと思います。製作会社の原作を尊重したアニメーションに声優さん達の名演技で、もう感無量の出来映えに年甲斐も無く、涙腺が崩壊してしまいました。

一緒に見ていた長男に涙がばれないように必死だったとだけ言っておきます。

そして、ここからが、大魔王バーンとの最終決戦本番です。まさかの存命になっていた彼らとか、まだまだ沢山の見応えのあるシーンはありますが、ラストに向けて期待していきたいと思います。

該当するエピソードを収録した原作はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)