最近のガンダムが失ったもの

最近、新しいガンダムを見るたびに違和感を感じることがあります。それは、戦争の中で、不殺が当たり前のような描写を見ると、最近のガンダムが失ったものが少なからずあると思っているのです。

その違和感は、現在放送中の機動戦士ガンダムAGEを見ると、露骨な描写としてやっているので、嫌悪感すら湧きます。

ガンダムAGEだけではなく、ガンダムSEEDにしてもガンダムWにしても、同様の描写がありました。

今日の内容は、逆手にとれば、ファーストガンダムが持っていたガンダムの世界観を持たない新作ガンダムは、ぶちこわしているんじゃないかと言うことです。

主人公が不殺をするために他のMSに比べ、遙かに高性能なガンダムを乗りこなし、舞台背景で戦争をやっていれば、ガンダムが成り立つと思ってるんでしょうか?

ファーストガンダムの予告にあった「君は、生き延びることが出来るか?」と言うテーマ。

そして、本編で幾度となく、テーマに沿ったシーンが展開されました。

ガンダムだからこそ、失って欲しくなかった主張が、今のガンダムに欠けていて、つまらなくしている要因だと制作者は、気づいて欲しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)