Blogの再構築に思う事

お盆という時期に亡くなった方を思い出す人も多い時期だと思うのですが、私自身も常日頃、日記を書いているわけではないのですけれど、ちまちまとやっている過去Blogの再構築に思う事もチラホラとあったりするのですよね。

自分の母親代わりに成人まで面倒を見てくれていた祖母が亡くなってから、来年でもう10年になるのですが、めまぐるしく変わっていく社会情勢や周囲の環境に、ふと記憶を遡っても何時だったかとっさに思い出せなくなることがあったりしました。

大事な事なのに今の厳しい生き方に、過去に起こった出来事の時系列を明確に思い出せなくなってしまうほど、余裕が無い生き方になっているのかも知れませんね。

私は普段から日記を付けるほど、几帳面な性格をしているわけでもありませんし、三日坊主になりそうなので日記という物を取り組もうと思った事もありません。

ノートにまとまったメモを残しておくと言うことも無い私なのですが、唯一、自分の記録の一環として書いているのが、ネット×PC=WEB交差点という過去から受け継がれてきたBlogなのです。

最も、かなりの期間に更新をしていなかったり、システムをあちこちに移管しながら、過去記事のデータを補完しながらの再投稿を繰り返したので、オリジナルの文章が消失している記事も多いです。

しかし、更新時の心境で当時の出来事を思い出しながら、当時の心境や更新時点での心境を踏まえ、加筆修正を行って、当時の走り書きだったものを補完によって、後から読み返せる日記のようになっている部分もあります。

趣味の記事でも当時の想いと今の自分という2つの視点で、時には当時の自分の感想を全否定することもあったりするのが笑えたりします。まぁどちらも自分の意見なのですけどね。

これからもBlogの中に私の欠如した記憶が、記録されている場所としてのらりくらりと書いていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)