末っ子のコロナ陽性で自宅待機中

まだまだ、終わっていないコロナの感染と言わんばかりに、関西で一人暮らしをしている次男に続き、今までずっと感染しなかった我が家でも遂に、末っ子のコロナ陽性で自宅待機中と言う状況になってしまいました。

外食産業で働いていると、どうしても濃厚接触の危険性はありますよね。しかも厨房では無く、ホールならどのお客様から感染してもおかしくないとは思うのです。

ただ、今回の事で、息子は体調が良くなると普通にゲームなどして過ごしていますが、末っ子にももう少し、現実を教えていかないといけないと思いました。

現在、我が家の同居中の家族は、全部で4人、末っ子以外は、仕事をして給料を貰う立場にいるので、濃厚接触者として、会社を欠勤している時点で、周囲の従業員にも迷惑をかけていることになります。

私と妻、長男の濃厚接触者として、陽性か陰性かの判定をするのに市販の抗原検査キットを使っています。少ない費用で購入出来る抗原検査キットで判定出来るのがありがたいですね。

もちろん、このようなご時世で、感染対策としての欠勤は、社会的な対応であるので、会社側もリスクを追わざるを得ないのですよね。

幸いなことに待機期間の短縮なども徐々に行われて居るので、市販されている抗原検査キットで陰性なら、3日の待機で済みそうですね。

私も消化出来ていない有給を、使うようにして、少しでも収入減のリスクを回避していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)