何処まで増えるんだろうか、新規感染者

毎日のニュース見る度に思うことは、東京の新規感染者5千人もそうだけど、地元福岡の感染者も増えているという現状で、今朝の新聞でも700人を超える人数の感染が報告され、何処まで増えるんだろうか、新規感染者と思わずにいられないですね。

私は、仕事柄、人と接触する事も少ないので、家族が福岡市内に出て感染してくるとかの状況が発生しないと不安要素は少ないのですが、普通に都心部に出勤している人達からすれば、混雑した公共交通機関の中で隣の人から感染しないだろうかと言う不安を常に感じ続けている人も多いと思います。

続きを読む

もうあれから2年経っちゃっいました

ほんとに月日の経つのは早いもので、気がつけば、もう2年が過ぎているのに、とても短く感じるようで、この間高校生になったと思ってた娘が、もう大学受験を控えている現実に我ながら驚く状況です。

2年前の9月で副業先の福岡スタンダード石油セルフ新宮SSを辞めて、夜のウォーキングを始め、色々ごたごたとしていたあの頃、2年後の今日をこんな気持ちで迎えるとは思いませんでした。

続きを読む

足を向けて寝られないと言うけど

正直、今の状況を一番理解していてくれて、仕事でもかなり助けてもらっている人がいまして、何とか頑張っていられます。よく、恩人に「足を向けて寝られない」というぐらい敬意を払って使う言葉がありますが、今の私の心境そのものです。

自分のバックボーンが弱かったのと初期戦略で失敗し、本来は一番後押しして欲しかった家族からも孤立している状況で、仕事を軌道に乗せるのってかなり金銭面や精神面で参ってしまい、二足のわらじを履いて、夜勤しながら、ネットアルカディアの仕事もこなしていました。

続きを読む

ホワイトデーなのですが…

今日は、俗に言うホワイトデーですが、お返しと言うことで、とりあえず、娘とチョコをくれた姪の2名には、返すことが出来るのですが、肝心の人に渡せないでいます。

今年のバレンタインデーは、少し遅れたもののプレゼントまでもらっちゃったので、本来ならちゃんとお返しをしないと罰が当たるところなのですが、諸事情で当日に渡すことが出来ません。

続きを読む

「これからも応援してる」か…

人と出会ったり別れたりする中で、別れ際に「これからも応援してるよ」という言葉をかけられた事ってありませんか?その逆に言ったことはありませんか?

ちょっとした昔の話ですが、小さな頃のショックが尾を引いていて、以前に「信用していた人に裏切られたり、去られたりするのが一番イヤです。」とTwitterでつぶやいたことがありました。

続きを読む

SNSを使った旧友たちとの交流

最近、スマートフォンの普及も相まって、増えてきたFacebookやmixiのようなSNSを通して、高校以来の旧友たちとのSNSを通しての交流が楽しみの一つになっています。

10年ぐらい前、指とまという同窓会サイトがあって、そこでもしばらく交流したことあったけど、今のようにネット人口も多くなかったし、何よりもそこにたどり着くことが出来る人が少なかったから、結局、運営サイドがいろいろあって、閉鎖されちゃったんだよね~

続きを読む

ザンボット3という作品の価値

当時、リアルタイムでマジンガーZやゲッターロボなどのスーパーロボットものを見て育った世代の皆様は、無敵超人ザンボット3という作品の価値をご存じでしょうか?

マジンガーZ世代の方とロボット作品の話をするとゲッターロボやコン・バトラーVは見ていたという人が多いですが、ザンボット3は、知らないと解答することが多かったですね。

続きを読む

SNSにおける友達の解釈

友達という解釈は、ネット上のSNSでもリアルでも個人によって人それぞれだけど、リアルの友達とSNSをやっている人ばかりだけでなく、SNSを通して知り合い友達になるという場合もあります。

ここでSNSが使っている友達という表現に対してですが、「友達申請」をして友達になるので、友達になりたいという希望を相手が受け入れるという部分を考えれば、例え知らない人からの申請でも受け入れると友達になったという解釈も出来るわけです。

続きを読む

Blogの構成も最終段階へ

ネット×PC=Web交差点もMovable Type4のテンプレート問題も片付いて、過去記事のインポートと修正を残すのみとなったのですが、もう一ひねりしようと思ってます。

それは、ずばりMovable Type4から実装されたWEBページの活用ですね。

続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2199の注目度

わずかに1回だけ、宇宙戦艦ヤマト2199を見たという記事を書いただけなんですけど、結構、検索からチェックしに来ている人がいてびっくりしました。

ヤマトの第1作目リメイクという事で、我々、リアルタイム世代の関心の高さを再認識しているのですが、やはりオリジナルの与えた影響が大きいと言うことを改めて認識した反面、実写版の評価が低かったので半信半疑で見た人の評価を確認してから見てみようかという人も多いのかも知れないですね。

続きを読む