MTのプラグイン1 言及リンクのないT.Bをはじく

どんなブログを利用していても一番不愉快なのがトラックバックスパムではないでしょうか?私もスパム対策の甘い楽天広場のサイトで、困ってしまってます。

とはいえ、正規のトラックバックは受けたいのでやむを得ず手動ではじくか、そのドメイン部分だけをはじく対象として登録しているのですが、これがMTだったら、もっと簡単にできちゃうんですよね。

そもそもトラックバックとは?

トラックバックに関しての考え方は人それぞれですが、一般的に関連した記事以外でトラックバックのPING送信をするのは、否定される方の方が圧倒的に多いはずです。

TrackBack はつまり言及通知であるという解釈から、リンクが必須と言う考え方が出来るのではないでしょうか。

簡単に言うと、私の書いた記事を読んでみて、同様の内容で自分も記事を書いたとか書いているとかの内容で、相手に通知する機能だと解釈しています。従って、その内容を含むページへのリンクがあってこそ成立する仕組みだと考えているのです。

トラックバックの先に行って、そこが言及リンクのないサイト(特に成人対象やビジネス系のサイトに多い)からのリンクだったら、スパムとしてとらえていいのではないでしょうか?

Movable Typeでスパムトラックバックを排除するプラグイン

スパムと自分で判断しても毎回手動で削除するのは、結構な手間が必要ですよね。Movable Type 3.2なら、最初からある程度のスパムに対抗するプラグインが付いていますが、このサイトは、Movable Type3.17(現在はMT4を利用中)なので、対抗策も微弱です。

アップグレードすればいいだけの話かもしれませんが、前回失敗しているので、ちょっと抵抗があるのです。この言及リンクのないトラックバックをはじくという事については、Movable Type で言及リンクのない TrackBack ping を弾くプラグインが公開されているので、利用してみました。

なお、3.2バージョンなら改良版も配布されているので、3.2をお使いの方は、そちらを導入されてはいかがでしょうか?

導入方法

まず、Movable Type で言及リンクのない TrackBack ping を弾くプラグインにアクセスし、モジュールをダウンロードします。

バージョンが3.17以前と3.2以降で別に用意されていますから、ご自分のバージョンにあったプラグインを選んでください。

「mt-ban-norefertb.pl」(Ver.3.17まで)「tb-link-lookup.pl」(Ver.3.2以降)と言うファイル名でダウンロードのメッセージが出るので保存をクリックしてパソコンに落とします。

FTPで保存した場所から、サーバーにアップロードします。アップロードする場所は、Movable Typeを設置したフォルダの中にある「plugins」というフォルダに入れます。

アクセス権の設定などは不要なのでアップロードするだけで有効になるはずです。

最後に

どこかのサービスを利用してのBlogだと、どうしてもそのサービスの対策がすべてになってしまい、自己防衛は出来ないが現状ですが、Movable Typeで立ち上げることにより、こういったスパムに対しての自己防衛も強化することが出来ます。

BlogをMovable Typeで運営というのは、こういった視点でも有効だと感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)