パンくずリストの設置

ホームページを作る時に、いつも設置を意識しているのが、俗にパンくずリストと呼ばれるTOPページからのナビパーツだったりします。事例:TOP>カテゴリー>サブカテゴリー>記事

このパンくずリストが設置してあると同じカテゴリーに属している他のページを見てみようという気になることがあるので、複数ページを見てもらうのに有効なツールだと思ってます。

TOP>カテゴリー>サブカテゴリー>記事

と言うスタイルをパンくずリストと呼ぶのが不思議だったので、名前の由来を以前に調べたことがあるのですが、妙に納得してしまいました。

名前の由来は、童話「ヘンゼルとグレーテル」で、主人公が迷子にならないようにパンくずを置いていったということに例えているのが、妙に的を射る内容だったので、印象深く残っています。

Movable Typeでは、パンくずリストを自動的に生成する記述を作っておけば、比較的楽に構築することが出来るので、テンプレの加工をする時は、必ず導入するようにしています。

ホームページビルダーで作る時は、ページのたびに一つ一つ作らないといけないのですが、同一カテゴリーの記述をコピーして、各ページに貼り付け、部分修正をすることで対応しています。

私自身も他のサイトを見る時にパンくずリストで複数ページをチェックする時に使ってますし、複数ページ閲覧に効果があるので、実用的なツールだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)