Movable Typeの改造vol.5 プラグインの導入

Movable Typeのテンプレートのカスタマイズを行う上で、どうしても先に書いておかないといけないのがこの、プラグインについてのことです。各エントリーページのカスタマイズを行う上で、プラグインの効果は、サイトの充実に欠かせないものとなってきています。

プラグインの参考書

今回の導入に当たり、Movable Typeブログ拡張パーツ&デザインガイドを購入し参考にしました。

まず、どんな事が出来るのか、各項目を一通りチェックし、見出しの内容で判断しました。その中でも特にサイト作成に必要と思われる項目については、インディックスラベルでページに見出しを付け、すぐに開ける状態にしています。こうすることで、効率よく自分のサイト加工をやっていこうと思ったわけです。

プラグインのインストール

チェックした項目のほとんどが、紹介されているサイトからプラグインを導入し、拡張機能を使えるようにするという内容だったので、まずは、必要なプラグインをすべてダウンロードし、サーバーにアップしました。

プラグインは、基本的に指定された場所に追加でアップする(一部はアクセス権の変更もあり)ものなので、普通にファイルをアップする感覚です。

ほとんどのプラグインは、MTフォルダの中にある「plugins」と言うフォルダの中にアップします。

利用可能の確認

プラグインのインストールが終わったら、利用可能になっているか確認します。管理メニューのメインメニューでUPされているのを確認します。

(Ver.3.17では一部のプラグインしか表示されませんが動作できたりします)

最後に

各プラグインの詳細や入手先については、個別記事で紹介していきます。この個別記事ぺーじにもプラグインの活用が各所にあります。

代表的なのは、一番上のページリンクですね。通常では、中央にメインページへのリンクが入るのをカテゴリーごとのページへとリンクするようになっています。

このような便利な機能を持っているプラグインを利用して、サイトの充実に利用してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)