日本語入力について

日本語入力は、日本人がパソコンを使う上で無くてはならない機能です。しかし、この日本語入力がストレスになっていませんか?

多くの方は、Windowsに最初から搭載されているMS-IMEを使って日本語を入力していることでしょう。しかし、このMS-IMEで変換を行うと「適切な単語が表示されない」「変な区切りで変換される」等々、単語ごとに、その都度変換操作を強いられているのではないでしょうか?

私は、日本語入力にジャストシステムのATOKという日本語入力ソフトを利用しています。このATOKというのは、古くはDOSの時代から、一太郎に付属されて発達した日本語入力ソフトで、連文節変換機能を使って一気に文章を入力し、一括変換を行うことで、適切な単語を選択してくれる機能を持っているのです。

連文節変換機能は、例えば、「はし」という単語を「ご飯を箸で食べる」と「角を曲がって橋を渡る」と言う文章では、前後の文脈を解析し、適切な漢字へと変換する機能なので、人名など複数の選択肢がある漢字以外の部分では、文章を一気に入力し、最後に変換させることで大半の文章は、修正をしないまま確定することができます。

私が取材を受けた新聞社では、原稿の作成にATOK無しでは、作業効率が低下し、仕事にならないという話を伺いました。特に、文章を書く仕事をされている方達にとって、ATOKのような高精度の日本語変換ソフトは、欠かせないユーリティツールとなっています。

さらに、ATOKの場合、話し言葉の方言モードなども対応しており、一般的な方言を文章として、変換することも可能ですし、私も使っている国語辞書、和英辞書とのセットや各分野の専門辞書がオプションで用意されているので、ご自身の利用環境にあった使い道があるのです。

日本語の入力にストレスを感じているならば、最低限、日本語入力ソフトへの投資を行うことで、飛躍的にパソコン環境を改善できると思います。

2021年6月24日追記:パソコンでは今まで入力して私に合った入力内容に学習してきた辞書の膨大なデータが複数の機器で連携出来るという内容からATOKのサブスクリプションであるATOK Passportを利用していますが、モバイルの世界では、Googleの音声入力の精度が向上し、ATOKが見劣りするようになって来ました。今後の動向に注意しておこうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語入力について」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: パソコンソフトの種類 | ネット×PC=WEB交差点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)