0系新幹線の引退を前に

私たちの世代にとっては、子供の頃から親しまれてきた新幹線と言えば、0系でした。当時は、0系という形式名称は使われておらず、新幹線ひかり号の名称で、認識していました。

私が子供の頃に集めていたプラレールでも、0系は、真っ先に購入した記憶があります。余談ですが、プラレールは、私から子供達に引き継がれたおもちゃとして、「子供と一緒にプラレール」でも紹介しています。プラレールは、現在でも発売されている息の長い鉄道のおもちゃの定番商品となっていますが、0系は現在、イベント会場や限定セットでしか入手できないようなアイテムとなってしまっています。

先だって、埼玉県にある交通博物館に0系新幹線の先頭車両が運び込まれたというニュースが流れ、引退が目前に迫っていると言うことを改めて認識した次第です。運び込まれたのは、2番目に製造された車両らしいので、開業当時のオリジナル状態の車両が、保管されると言うことになりますね。

0系も長い製造期間で、晩年の車両は、窓が小型化し、パンタグラフ周りに風除けが着くなど、外観が初期と違っているので、初期のものが残っているのは、歴史的資料としても希少価値があります。

また、0系は、日本の機械遺産にも登録されているので、実車が後世に残るのは、非常に良いことだと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)