2021年も後半の7月、MicrosoftのWindows11が話題に

IT業界ではテスト版のリークから正式発表に至った経緯から、故意の流出騒ぎではないかと世間を騒がせて2021年も後半の7月、MicrosoftのWindows11が話題になっています。

Windows10をラストナンバーにすると言う過去の発言をなかったことにする形で、新Windowsの発表になってしまいましたが、Windowsk10もかなり過去のPCまでも抱え込んでいるため、セキュリティ問題を考慮するなら今回のアップグレード対象パソコンをUEFI、セキュアブート、TPM2.0という近年のセキュリティ対策に実装された内容は外せないと思います。

我が家のパソコンもジャンク再生品などが複数存在するので、Windows11に更新出来る条件を満たしているパソコンを確認したところ、旧式のBIOSを搭載したパソコンばかりで、上記のセキュリティをクリアするのは、ゲーミングパソコンのみでした。

我が家のゲーミングパソコン

仕事用のパソコンは、スペックはそれなりに高くしてますが、旧型なので、Windows10で使うしかありません。

長年作っていませんでしたが、仕事用のメイン端末として、正規ディスク版のWindowsが残っているので、新しいハードで作ってみようということになりました。

Windows11がハード的にセキュリティ条件を満たす世代の端末しか受け入れないのは、技術進化の結果ですしいつまでも古い技術に対応しようとすると肝心のセキュリティ問題が低下してしまうので、切り捨てはやむを得ないと思います。

古い技術の使いまわしは先に進むための新しい技術の足を引っ張ることになると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)