知らぬは本人ばかりなりのLINE友達削除機能

LINEがビデオ通話機能を実装して、バージョンアップした時にさりげなく一緒に追加された機能というのが、友達削除機能です。

今までは、仕事上の付き合いでどうしても電話帳に登録しておかなければいけないような人まで、LINE上で友達になっており、場合によっては、こいつ誰だっけと言うのもチラホラとありましたが、今後は整理して必要な人だけの管理をすれば良いと思います。

しかし、どうもLINEのやり方というのは、どこか納得のいかない方法で戸惑ってしまうことがあるのですが、今回の削除機能を実装についても、前回の話題であるブロック機能の延長で考えてしまいます。

まず、従来から、LINEにはブロック機能と非表示機能が実装されていたので、一旦、LINEのアプリを入れたときに電話帳からLINEユーザーを検出し、勝手に友達となっていた人をブロックや非表示で、普段は隔離しておくことが出来ました。

しかし、私にしてみれば、アドレスのデータの中で友達にするしないを選択して、登録出来るように改善すべきだったのでは無いかと思ってたので、むしろ削除出来なかった今までの状態がまともでは無かったのだと思います。

今回削除機能が実装されたことで、少なくとも今までのLINE友達リストは整理出来ることになったわけです。

そこで、実際に2つのアカウントを使って、双方の友達リストを検証した結果、片方の人がブロックや非表示から削除を行った場合、残った方の友達リストにはしっかりと表示されたままになっており、友達として認識されていることがわかりました。

当然、メッセージを送っても受信する相手のリストに入っていないため、いつまで経っても既読にならないのは、ブロックされているのと同じ状態です。

ブロックと同じ状態というのは、あくまでも推測ですが、ブロック状態から削除されるため、ブロックしている効果が出ているのではないかとみています。

結論を言うとブロックにしろ削除にしろ、された方にとっては、知らぬは本人ばかりなりという状況である事に変わりなく、数日経っても既読にならない場合、延滞で通信出来ない等の理由がない限り、ブロックされて削除されている可能性が高いと解釈した方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)