マナーが悪すぎる釣り人

最近、なまずの郷から、みずがめの郷にウォーキングする場所を変更したのですが、人はなまずの郷に比べて少ない分、ウォーキングの最中に毎週末、マナーの悪い釣り人と遭遇します。

マナーの悪い釣り人

そもそも、久末ダムは釣り禁止になっているので、久末ダムで釣りをする事自体が、本来ありえないことなのですよね。

私も怪我して入院している時に、身体の融通が利くようになって暇だった時期に、入院中の病院の横を流れる川で、釣りをしたとか学生の頃に、友達とキャンプ中に釣りをするなんて言うのは経験しましたが、禁止されている場所で釣ったことは、さすがにありませんでした。

こう言う釣り人は、自分さえ良ければ良いのでしょうね。自分がやっている趣味全体が、悪いイメージを持たれることなど、自分には関係ないぐらいにしか思っていないのでしょうか?

ルールを守って、真面目に社会生活している釣り人も大勢いるはずなのですが、こう言った頭の残念なダサい釣り人が、迷惑行為をしていると、釣り人全体が、悪い印象を持たれると言う事すら理解出来ないのでしょうね。

私は「釣り」と言う趣味は、とても素晴らしい趣味だと思っています。だからこそ残念な人が、釣りの印象を悪くすることにかなりの不快感を示しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)