レンタルサーバーを個人で使う

企業のビジネス運用のためにホームページを持つ企業も多いですが、実際にホームページ製作に携わっていないとホームページの構築する為のレンタルサーバーの存在などわからないと思います。ましてレンタルサーバーを個人で使う事はお金を稼ぐつもりがないと無縁でしょう。




かつては個人向けにYahoo!のジオシティズを筆頭に、無料のホームページスペースを貸すサービスが、いくつもあったのですが、テキストや画像をアップするだけのBlogの普及で、ホームページスペースにHTMLファイルをアップロードするというやり方が、衰退してしまいました。

HTMLファイルの作成もBlogのようなツールかHTMLタグやCSSの知識が無いと、レンタルサーバーと言うインターネットサービスは、一般的に広まるサービスではないので、利用者でも業者委託しているなら、レンタルサーバーと言うサービスすら知らないかも知れません。

個人の情報発信で使うなら、何処かのBlogサービスを利用して、Blogを立ち上げるのが一番簡単ですが、インターネット上で収入を得ると言う考えている方には、Blogサービス側の広告が載る既存のBlogサービスではなく、Word PressなどのBlog構築ツールを使って、独自ドメインを取得する方が、良いと思います。

レンタルサーバーもWord Pressを利用するのに適したWordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』のようなものを使った方が、簡単にWord Pressを導入出来ます。

アダルトな内容の場合は、FUTOKAレンタルサーバーのように、アダルトを許可するサーバーを借りる必要があります。

レンタルサーバーを使う場合、セットで独自のドメインを取得しないといけなくなります。お名前.comのようなサービスを利用すると簡単に使えるドメインを探せます。

自分がやりたいことに沿ったレンタルサーバーの仕様をしっかり調べて、契約していくようにしましょう。

レンタルサーバーの契約も1年単位が多いですが、最近では、少し割高ながら1ヶ月でも大丈夫なものもあります。自分の運用形態にあったレンタルサーバーを探しましょう。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)