一段落したので、息抜き中です

2年前に一大奮起して、それまで暗礁に乗り上げたまま放置していた、私が運営するBlogの再構築を行い、敬遠していたWord Pressに向き合って過去データを再構築していましたが、一段落したので、息抜き中です。

現在は事後処理的に、偏ったカテゴリー区分の見直しとして、私のプライベートな内容と仕事の内容を再構築していますが、Movable Type4で構築した古い情報は、消しています。

続きを読む

のんびりそして堅実に作業は進めまています。

もう少しで、2012年の記事が、終わるかなと言うところまで、なんとか再構築を行って、のんびりそして堅実に作業は進めまています。今月いっぱいに残り1年分の記事までには詰めていきたいですけどね。

最近、リアルタイムの記事が更新の経過報告みたいになってしまっていますが、後で読み返す事があれば、この時期に集中的に更新してたのだなと思い返すこともあるでしょう。

続きを読む

ようやく、先が見えるまでBlog再構築が

午前中から、複数の過去記事を書き起こして、ようやく、先が見えるまでBlog再構築が進んできました。まだ未更新の部分も月別のプルダウンメニューで、元記事までのリンクを見ることができるようになっています。

やり始めると止まらないのですが、すぐにほかの事に移行して、途中で止まったりするんですよね。私の悪い癖です。

続きを読む

デザインが後回しになってる

ちょこちょこと修正しながら、Blogを何とか使える状態に持って行こうと思ってますが、デザインが後回しになってる状況で、なかなかうまくいかないものですね。

ちょっと前にBlogの記事で書いたようにCSSが突然おかしくなってから、修正出来ずにいるのですが、まだまだ改善しなきゃいけないところがたくさんあって後回しにしています。

続きを読む

妻のWEBサイト更新

妻のWEBサイト更新を年末に向けて、ページ数を増やしていくために、テンプレを追加してるのですが、自分が使うのと同じ感覚のベースじゃ無理かなと思い、どこまで作るかで頭を抱えてます。

私のWEBサイトなら、共通部分だけでテンプレを作り、足りない部分は、補正出来るのですが、妻のWEBサイト更新は、リンクの作り方とか、全然勉強させてないので、一筋縄ではいかないでしょうね。

続きを読む

ただいまの作業経過進捗状況

ようやく、Movable Type4の仕様を理解し始めて、過去に成功したMovable Type3のテンプレートをコンバートし始めたところで、ただいまの作業経過進捗状況ですが、最低限のSEO対策も入れ始めました。

しかし、時はすでにMovable Type5の時代。過去にめんどくさいことを後回しにしたツケが今頃になって、のしかかってくるとは…

続きを読む

8月の仕事

8月を前に、来月の段取りを考えています。来月は、パソコン関連の新しいホームページを構築する予定で1ヶ月頑張るつもりですが、平行して過去のデータを使えるだけ使おうと思っています。

今までは、漠然と作業していましたが、今後は毎月のテーマを絞ってやっていこうと思っています。

続きを読む

Infoseekで無効になったサイトの移転計画

私のホームページ運営で、一番の打撃は、Infoseekでホームページを作ってたことでした。まさかサービスが終了するとは思わずに、長年放置してたんですけど、リンク切れどころの話ではなく、レンタルサーバーサービスが無くなってしまったのですから、誰もホームページに足を運ぶことすら出来なくなってしまったというオチ。

幸いにホームページのバックアップを取ってたので、内容とかは今でも使えそうなのが、たくさんあるのですが、今となっては、ホームページ作成の技術やデザイン的に見苦しいと思うのもかなりあってどうしたものかと考えてます。

続きを読む

商品紹介ブログパーツ「カエレバ」導入から1年

去年の今頃、クリスマスと年末に向けて、別サイト「子供と一緒にプラレール」の商品一覧ページを更新する際に、知人のアフィリエイターが紹介していた商品紹介ブログパーツ「カエレバ」で再構築してみました。

私が自分で、WEBサービスを活用するツールを作れない事もあり、こういったサービスを提供してくれる製作者が、便利なツールを作ってくれるのは、非常にありがたいです。

続きを読む

明日は、WEBマーケティングセミナーin福岡に出席

今日から開催されているWEBマーケティングセミナーin福岡に明日、午後の部と懇親会に参加します。さすがに夜勤を考えると2日連続参加は無理でした。今日から参加されている方がうらやましいです。Twitterで実況中継しているのをチェックしてましたので、重要なポイントは、明日、関係者の方からおはなしを聞こうと思います。

明日のチェック項目は、やはりTwitterの利用をどこまでビジネスチャンスにつなげられるかと言うことだと思います。

続きを読む