10万キロ超えた愛車

我が家の愛車は、義弟の形見でもあるので、10年以上前の車だけど、未だに乗っています。すでに走行も10万キロを超えて、そろそろ本格的なメンテナンスが必要になる時期です。

この時期、税金だけでも頭が痛いのに、オイルとタイヤを交換して、すっかり散財してしまいました。しかも点検で、プラグとオイルパンが悪いと言われ、更に出費がかさみそうです(泣)

個人的には、もう少し辛抱して乗ったら、大好きなHONDA車に買い換えたいのですが、先立つものもないので、修理という選択をしています。

やはり車は、10万キロを超えるとあちこちにガタがきはじめているみたいで、先手を打って修理しないと、よりひどい故障や事故の原因に繋がるはずなんですよね。

もう1台、妻が乗っているアルトワークスは、軽のくせにすでに20万キロ走っている強者ですから、10万キロならまだまだしっかりしたメンテナンスさえ行えば、もうしばらくは、大丈夫のようなので、定期的に点検をしてもらいながら、あと3年ぐらいは乗っていこうかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)