高血圧は薬と切り離せない病気

4月で今まで通っていた行きつけの病院が廃業となり、健康診断でお世話になっていた大きめの個人病院に紹介状を書いて貰って高血圧の事もお願いするようにしたのですが、最近毎日の血圧測定と薬の飲み忘れで思ったのが、高血圧は薬と切り離せない病気と言う事です。

以前は、中華製の安いスマートウォッチの情報を鵜呑みにして、薬は要らないんじゃないのかと言う疑念を抱いていたのですが、全くの誤認情報でした。今ではほんとに反省しています。

未だに子供達と同じ食事になっていますが、塩分過多とか普通に食事で出されるので、家族と食事を分けたいのですが、塩分控えめというのが分量が大雑把なうちの台所奉行には理解して貰えないのが悲しいです。

ほんとはもう少し、あっさりした食事を全体の半分ぐらいまで混ぜた方が良いのですけどね。子供達と同じ食事というのは年齢が若いうちは問題なくても歳をとってくると段々辛くなることもあるのですよね。

今から数十年血圧の薬と向き合うのは、正直しんどいですし習慣にするのは手間を増やすようで面倒くさいですが、極力忘れないように飲むように心がけています。

過去に戻ることが出来るなら、30台ぐらいの自分にもう少し塩分控えめに健康考えた食事しないと将来薬漬けになるんだよと教えたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)