Movable Type4をテスト導入してみた。

Movable Type4のベータ版をテスト導入してみました。全体的な管理画面の印象は、WindowsがXPからVistaへ変更されたような感じと言えば、想像してもらえるでしょうか。英語版なので、ひとまずは、以前閉鎖したうちの別館Blog、「ネット×PC=Web交差点」と言うタイトルの復活で、新規Blogを作成しています。

正直なところ、ブログ以外での本格的なCMSサイト構築作成ツールとしての機能が向上しているというメーカー側の紹介が、期待をふくらませてしまうのですが、Movable Type3.35のテンプレートなどから修正を行わなくては、いけないか等々、従来の管理画面に比べ、かなりの違和感を感じているというのが本音です。

しばらくは様子を見ながら、ボチボチと新機能をチェックしていこうと思います。何となく現在の楽天Blog的な感覚があり、従来のMovable Type管理画面に慣れているユーザーは、ちょっととまどうかもしれませんね。

追記

Movable Type4の正規版をインストールしたときに、ベータ版で作ったデータベースを流用したら、テスト時に作成したこの記事が、復活しました。データベース内の情報が残っていれば、大丈夫と言うことなんでしょうね。うちのサーバーのようにマルチドメイン対応で、データベースの作成権限を持っていると、新しいドメインを作って移行しても、使い回しが出来るのは、意外な発見でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)