高校生の親として

高校生というのは、身体は大人に近づいても精神的には、まだまだ子供の部分を多く持った年頃です。それを大人の視点で見て暴走しないように見守るのが、高校生の親の役目だと思うのです。

しかし、肝心の親に常識や物事の善し悪しを的確に判断する事が出来ない時、ニュースで見る「若者達の事件」へと発展してしまうのではないでしょうか。

自分たちの子供だけは大丈夫という考え方は、子供達が正しい道を歩む事を見守ることが出来てない人に言う資格はありません。

友達づきあいもあるでしょう。でも常識の範疇を超えた時、親がストッパーになってあげられなければ、その先に待っているのは、未成年の非常識な犯罪になってしまうのではないでしょうか。

私は、常々そう考えていました。でも妻は違ったみたいです。

今までも価値観が違うことで喧嘩したことはありましたが、常識の部分でこれほど価値観が違うと子供達がどんな大人になるのかと心配してしまいます。

何かもう疲れちゃいました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)