痩せたいと思うだけじゃだめだったと思い知りました

ウォーキングを始めては、妥協してやめながら、何度目かのウォーキングを始めて、50日を経過し、体重計に乗るのが楽しみになってきたのですが、今回が今までと違うところは、痩せたいと思うだけじゃだめだったと思い知りました。

一言で言うと、ダイエットは、願望だけでは意志が弱く続かないという事ですね。痩せると言う強い意志が必要なだけでなく、正しく継続させるために、ダイエットの自分ルールも作り、計画的にやらないと、続かないし、痩せないという結論になりました。

ぶっちゃけ、今までは、毎日の義務として続けていくようにしていましたが、雨などで歩けない日以外は、毎日、無理矢理に歩こうとしていました。

痩せたいから、運動のために歩こうという弱い気持ちだったのです。強く痩せるんだと言う意思を持って取り組もうとした結果、何をどうしたら、上手くいくのかと言うところから、入る事になりました。

正しく脂肪を燃焼する運動方法を調べているうちに、疲れたら適度に休ませることで、筋肉を育てることが出来るという記事を見つけて、仕事のない日は、無理に運動せず、身体を休めることにしたのです。

従来は、家の近所や会社の周囲などをウォーキングして、運動していましたが、孤独に歩くだけというのも続かなかった原因と思い、なまずの郷のような運動公園に仕事帰りに寄ってから、ウォーキングして帰宅する流れを作りました。

仕事帰りに運動公園に寄る習慣を作ると、なまずの郷で私同様にウォーキングしている人が、何人もいるので、親近感が湧いて一緒に頑張っていこうと言う気持ちが、自然と継続する理由になっていきました。

不思議なのですが、仕事帰りの運動ルーティンが決まって継続すると、歩数の目標が伸びてしまい、相乗効果の結果、仕事の休憩中に歩くのも継続できるようになったのです。

しかも体重計で、実際に体重が減少しだしてからは、適度に休んで、しっかり運動する事で、ちゃんとしたダイエットになっていくのだと思います。

私の場合、正確な歩数をカウントするのには、やはりスマートウォッチとスマートフォンのGoogle fitを連携した管理が出来るようにすることで、今後のダイエットに役立てていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)